示談後のトラブルは意外と多いのです

注目記事

プロの味方ほど頼れるものはない

交通事故の加害者が威圧的な時は弁護士に依頼しよう…

READ MORE

任せるのであれば最初からがベスト

交通事故で困った時は弁護士に依頼しよう 交通事…

READ MORE

交通事故の問題は弁護士に相談を

交通事故に遭い、通院や入院が必要な怪我をしてしまった時には、手厚い補償を受けられると考える人も多いでしょう。しかし、治療費や慰謝料などを決めるのは加害者ではなく、保険会社のスタッフです。保険会社は、支払総額を少しでも減らすために交渉をしてくることになります。そのため、加害者が有利となる過失割合を提示され、大怪我をしたのに僅かな慰謝料しか受け取れない状態になることは少なくありません。この時、大切なことはそのまま示談に応じないことです。示談が成立すると、後で治療などが必要になっても、新たに交渉を始めることはできません。そのため、提示された慰謝料に納得がいかない場合は、交通事故に強い弁護士に依頼をすると良いでしょう。
弁護士事務所のなかでも、増えてきているのが交通事故に関する問題を専門的に取り扱う事務所です。交通事故に強い弁護士に依頼をすれば、被害者の立場に立って交渉をして貰うことができます。事故に遭い怪我をすると、普通の生活に戻るまでに多くの時間とお金が必要になることになります。安心して日常生活に戻るための治療や準備をしたいのであれば、交通事故に強い弁護士に相談をして、しっかりとした慰謝料を受け取れる状態を作っておくことがおすすめです。

交通事故の示談後にトラブル!悪質な時は弁護士を

交通事故は誰もが加害者と被害者になるものであり、その多くが保険会社に任せているのが実態です。自動車同士の交通事故であれば保険会社同士の交渉と示談、自動車や軽車両と人であれば保険会社と被害者との示談交渉です。しかし、交通事故後のトラブルのは示談が成立しているのにも関わらず、被害者が賠償を求めてくるケースがあります。この場合、保険会社は既に役目を終えているため、速やかに弁護士に依頼するのがおすすめです。

示談成立後の賠償や慰謝料の請求については、法的な根拠や請求権がありません。そのため、自身が加害者だとしても支払の義務が無いどころか、被害者が別の罪による加害者となり得ます。そのため、弁護士を介入させ自身が不利益を受ける前に法的に自己防衛を行うことが重要になります。

違法性や科学的、医学的根拠の無い請求を弁護士がシャットアウトするだけでなく、相手が強気に出ることを抑えることができます。最悪の場合は、恐喝や詐欺未遂といったことが防げる上、社会的な誹謗中傷や嫌がらせにも対応してくれます。加害者だからといって諦めるのではなく、不当な請求や法的に違法な請求については弁護士に依頼して自己防衛しましょう。また、相手が弁護士に依頼していても双方の弁護士が冷静に対処してくれます。

弁護士を探すなら、弁護士専門の検索サイトが便利です。交通事故弁護士相談リンクは交通事故に特化した弁護士さんを多く扱っているのが特徴です。

交通事故弁護士相談リンク

Copyright(C)2018 急にやって来る交通事故には弁護士に対処してもらいましょう All Rights Reserved.