プロの味方ほど頼れるものはない

注目記事

プロの味方ほど頼れるものはない

交通事故の加害者が威圧的な時は弁護士に依頼しよう…

READ MORE

水かけ論の特効薬は弁護士で決まり

交通事故での大人のウソを暴く!子供が交通事故に合…

READ MORE

交通事故の加害者が威圧的な時は弁護士に依頼しよう!

交通事故といっても、警察が介入できないケースは数多くあります。法令に違反し、刑事事件に発展する交通事故の場合、警察が介入するものの、その多くが重大な交通事故です。加害者と被害者の間で交渉解決可能な交通事故の場合、基本的には民事不介入という立場を取るため、交渉が難航することがあります。特に加害者側が一方的に威圧的な対応をする場合、、被害者側は精神的にも疲弊してしまうため、交通事故を専門とする弁護士に依頼するのがおすすめです。

当事者同士での交渉の場合、威圧的な態度をとったとしても、弁護士が介入しただけで手の平を返すように態度が一変することも少なくはありません。法律のプロに対して威圧的な態度での交渉を行った場合、交通事故以外での罪を問われる可能性が生じるため、相手に対する抑止力に繋がります。特に口下手で、人と接することが苦手という方は威圧的な態度を取られると萎縮してしまいます。しかし、弁護士なら自身の代理人として交渉してくれるため、安心することができます。また、交通事故発生から直ぐに弁護士に依頼することで直接の連絡先を交換しなくて済むケースもあり、その後の生活に不安を抱えることがなくなります。相手の態度に恐怖を感じた場合は弁護士に依頼しましょう。

交通事故では加害者の保険会社は味方ではない!味方は弁護士です

交通事故に見舞われた場合、相手の過失割合が高い時には相手の保険会社から支給を受けることになります。物損に対する損害賠償、身体的、精神的なものであれば慰謝料が支払われます。しかし、加害者側の保険会社は支払をするものの味方ではなく、加害者そして保険会社に有利な条件を提示し、保険会社は支払を抑えようとします。そのため、被害者である自身の見方は弁護士になります。

弁護士に依頼することで、保険会社が提示した損害賠償や慰謝料の金額を覆すことが可能になり、より高額な請求を行うことができます。最近では、弁護士報酬も低くなり、無料相談といったサービスも充実しています。弁護士なら過去の判例を基に、客観的そして論理的、科学的な根拠を基に交渉してくれるため、加害者の保険会社の言いなりになることが避けられます。

特に重大な交通事故で長期に亘って入院やリハビリが必要という場合、個人で保険会社と交渉していると、突然支払を打ち切られてしまうことがあります。しかし、弁護士に依頼すれば完治するまで保険会社からの支払を受けることができ、交通事故後の生活も安心して過ごすことができます。今では、弁護士費用も積み立てや立替できるようになっているため、先ずは相談してみましょう。

Copyright(C)2018 急にやって来る交通事故には弁護士に対処してもらいましょう All Rights Reserved.