水かけ論の特効薬は弁護士で決まり

注目記事

プロの味方ほど頼れるものはない

交通事故の加害者が威圧的な時は弁護士に依頼しよう…

READ MORE

水かけ論の特効薬は弁護士で決まり

交通事故での大人のウソを暴く!子供が交通事故に合…

READ MORE

交通事故での大人のウソを暴く!子供が交通事故に合ったら弁護士を

交通事故といっても、自動車同士のものから人身事故とさまざまです。特に子供の場合、自宅から近い場所で交通事故に見舞われるケースが高く、場合によっては近所の住人との交通事故は少なくはありません。特に日常的に自動車の運転で近隣の住人から注意視されている人との交通事故の場合、速やかに弁護士に依頼するのがおすすめです。
子供と大人、そして人と自動車との事故では自動車を運転する大人がウソをつくことがあります。加害者となる側は、自身の追及を逃れるため、あの手この手のウソを平気で証言してきます。しかし、交通事故を専門とする弁護士なら日常的に自動車の運転に問題のある加害者について調査を行い、聞き込み証言を取ってくれます。特に住宅街で法定速度を守らず、目立つ自動車に乗っている加害者ほど周囲からは問題視されており、その情報を弁護士は確認してくれます。
また、近隣住民の場合、近所付き合いを気にしてしまい、ウソを受け入れてしまうことがあるものの、第三者である弁護士は徹底的に追及してくれます。また、示談交渉や裁判に発展し、妥結や審理決定が行われた後でも加害者側からの嫌がれせ相談にも応じてくれるため、安心感を得ることができます。

交通事故で一方的に不利になることを避けるなら弁護士に依頼!

交通事故と言ってもケースは多種多様であり、刑事事件に発展するものから民事訴訟になるものと様々です。しかし、交通事故により開かれる裁判の中には自信は被害者であるものの、加害者の損害やケガの状況から被害者側が不利になってしまうことがあります。そこで裁判による不利を大きく覆すのであれば、弁護士に依頼して適切な証拠や証言を提出することが重要になります。

例えば、被害者がトラックを運転しており、信号待ちで停止している状況で対向車線から自動車やバイクが法定速度を超え、信号無視を行って衝突するケースがあります。この場合、加害者側が亡くなってしまうことがあり、被害者に対する責任追及が行われてしまいます。警察は交通事故に介入するものの、民事不介入の観点から裁判では相手の遺族から損害賠償を請求されるケースは少なくはありません。

しかし、弁護士に依頼することで、警察の現場検証の情報、目撃情報や科学的根拠から相手の過失を問うことができ、被害者に対する責任追及を回避することができます。遺族側は感情的になり、責任追及のため裁判を起こすケースがあるものの、弁護士を利用することで本来の過失と責任を正しく追及することができ、被害を受けた側の生活を守ることができます。

Copyright(C)2018 急にやって来る交通事故には弁護士に対処してもらいましょう All Rights Reserved.